2017年3月26日日曜日

ルイ・フレモー(指揮)死去

こんにちは。千葉です。

またしても訃報です。まずはTweetをひとつご覧ください。


バーミンガム市交響楽団といえば、我々はつい若きサイモン・ラトルとの出世譚から現在までの、先進的な取組の数々をイメージしてしまいますが、ある時期まではこのマエストロとのレコーディングがこのオーケストラの代名詞でした。1921年生まれのフランス人指揮者、95歳での大往生です。

私は幸いなことに「ノット&東響」について、リハーサルや演奏会を取材させていただいては記事を書いていますが、その際に折に触れて前任者の存在を意識させられることがあります。ユベール・スダーンの時代があって今がある、さらにその前任者秋山和慶が鍛えた時代があるから…そんな風に考えるようになった今、違った見方で彼の演奏にも触れられるような気がしています。お疲れ様でした、合掌。




3/26(27)「N響 in ベルリン/NHK交響楽団 創立90周年記念特別演奏会『一千人の交響曲』」放送

こんにちは。千葉です。放送予定のご案内ですよ。

●N響 in ベルリン/NHK交響楽団 創立90周年記念特別演奏会『一千人の交響曲』

以前紹介したNHK交響楽団の演奏会を、欧州ツアーの最初の公演、そして記念演奏会と続けて放送、です。両方曲目がマーラー、である以上見ないわけがないのです。いや毎回録画して視聴しておりますけれど。放送は26日 24:30~(27日 0:30~)、局はもちろんBSプレミアムです。

まず前半は「N響 in ベルリン」。2月28日から3月8日まで行われた欧州ツアーの初日、ベルリンのフィルハーモニーで行われた演奏会です(…どうせならケルンの最終公演か新しいホールのパリか、ツアーの調子も十分につかめただろうロンドンで収録しようよ、とは申しますまい)。
ジャニーヌ・ヤンセンを迎えたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第三番、そしてマーラーの交響曲第六番 イ短調、いわゆる「悲劇的」です。


こちらはツアー中に行われたパーヴォさんのインタヴュー。

そして後半はNHK交響楽団の創立90周年記念特別演奏会「一千人の交響曲」として、2016年9月8日にNHKホールで開催されたコンサート(これは公演タイトルなので削りません←なんの注釈なのか)。
マーラーの交響曲第八番 変ホ長調は、第一部が賛美歌「来たれ、創造主なる精霊よ」による音響の大伽藍、そして第二部をゲーテ畢生の大作「ファウスト」第二部の終結部の音楽化と、編成のみならず構想も巨大なマーラーの代表作(なんですよ!!!)。


2013年のhr交響楽団の演奏は配信されてます。マーラー大好きパーヴォさんでありますなあ(笑)。

ご存じの方はご存知のとおり、バンダの金管に大小オルガン、ピアノに大人数の打楽器が活躍するこの作品は本当に演奏に際しては大人数の参加が求められます(それ故に、初演の際の興行主が「いける!」と思ってつけたキャッチコピーが「千人」、です。副題ではありませんのでご注意ください←マーラー火盗改メの下っ端の見解)。

ではメンバー紹介行ってみよう!(おい)ソプラノ、エリン・ウォール、アンジェラ・ミード、クラウディア・ボイル!アルト、カタリーナ・ダライマン、アンネリー・ペーボ!テノール、ミヒャエル・シャーデ!バリトン、今度は「ドン・ジョヴァンニ」だよミヒャエル・ナジ!バスはアイン・アンガー!(パチパチパチ)。そして合唱は新国立劇場合唱団、栗友会合唱団NHK東京児童合唱団。もちろん管弦楽はNHK交響楽団、そして指揮パーヴォ・ヤルヴィだ!いえい!(いい加減にしろ)

****************

CDがリリースされた状態での欧州ツアーは、厳しい評もありながら基本的に好評裏に終了したように見受けられます。パーヴォさんを迎えたことの意味はこれだけでもあったように思えますが(大げさではなく)、2021年までの長い契約の中でこの日視聴できる演奏以上の成果も挙げられていくことでしょう。まずは現時点での最良の仕事として、この日の放送は要チェックであります。

ということでご案内はここまで。ではまた、ごきげんよう。


聴きました:第6回 音楽大学フェスティバル・オーケストラ演奏会(川崎)

こんにちは。千葉です。
伺ってきた演奏会のレポート、スピード優先でこちらに書くことにします。

●第6回 音楽大学フェスティバル・オーケストラ演奏会(川崎)

2017年3月25日(土) 15:00開演

指揮:高関健
管弦楽:音楽大学フェスティバル・オーケストラ(首都圏9音楽大学+九州2音楽大学選抜オーケストラ)
【参加音楽大学】上野学園大学、国立音楽大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、東京音楽大学、東京藝術大学、東邦音楽大学、桐朋学園大学、武蔵野音楽大学平成音楽大学(熊本)、大分県立芸術文化短期大学(大分)

ドビュッシー:交響詩「海」
マーラー:交響曲第六番 イ短調

さてこの日の演奏会、開演前に高関健さんによるプレトークが行われました。さて何をお話くださるかと着席して待つ間にプログラムを拝見すれば、前島良雄さんの解説が素晴らしいんですよ。A4版見開き2ページのうち、1ページ強をマーラーに割く配分はもしかすると賛否が分かれるかもしれませんが、”定説”に問題が多いマーラーの第六番である以上、仕方のないことなんです。ドビュッシーとマーラーの関係についても言及された良い解説に感心しているうち、時間が来て高関さん登場、トークが始まります。
が、高関先生曰く「話そうと考えていたことがプログラムに載っておりまして(笑)」とのことでしたが、指揮者マーラーの活動、ドビュッシーとの関係(アルマの話に触れてくれたのは個人的にヒットでした)、今回使用する楽譜について(スコアとパート譜の関係はなかなか興味深いものでした)、などなど存分に語ってくださいました。その熱弁が”若者たちが冷えた舞台に出なくていいように”という配慮だったようにも思われて、なんとも嬉しくなるプレトークでありました。

続いて登場する若き音楽家を目指す学生たち、18型の大編成は広いミューザのステージでもいっぱいいっぱいです。

<参考>

管楽器のスペースにこそ空間があるものの、舞台前方っをギリギリまで使ってやっと収まっているミューザの舞台は新鮮。より多くの学生に機会を、という配慮もあるのでしょうけれど、チェロを四パートに分ける場所もある「海」で大きめの編成は理のあることなのです。
はじめのうちはさすがに硬さも感じられたオーケストラも、明晰この上ない高関さんの指揮に落ちついたか、有名な「11時15分」ころにはよく鳴るし流れも落ちつきました。一度トゥッティで音を出せると雰囲気がつかめる、という面はあったかもしれません。ドビュッシーのスコア、”アシストなしでダンサーにトリッキィなポーズを要求する”振付のようなところがありますからね…(その昔趣味の吹奏楽で地獄を見た記憶がフラッシュバック)。そうそう、チェロパートのソリはお見事でした。
しかしよりトリッキィでソリスティックな第2楽章からは安定した音楽になり、各人のソロも綺麗に決まります。終楽章は冒頭から登場する特徴的なバスの音形も攻めた表現になって、フィナーレは大人数のオーケストラが率直に力を解放して華やかに終わります。

後半は長大なマーラー。さらに管楽器が充実し大量の打楽器が用いられる作品でステージはほんとうに埋まります。

<参考>



本当に、お疲れ様でした、とまず申し上げたい熱演でした。第一楽章が終わったところでコンサートマスターを始め、何人もの奏者が汗を拭っていた姿は印象的でした。それほどの集中を要求する、高関さんがプレトークの中で「自分が学生だった頃には演奏できなかっただろう」と評した堂々80分強の難曲を、小傷はあったとしてもやってのけた皆さんに拍手です。
上手舞台裏にカウベル、下手舞台裏に鐘を配して俗・聖の対比を空間的に示したこの演奏は、通称の「悲劇的」とは関係なく「一つの悲劇のドラマ」として成立していたと思います。ハンマーが下手側で振り降ろされるのは、その意味合いを強めるためでしょう。叩きのめされるのは俗の側であって、憧れられた超越の向こう側ではない、のですね。
演奏については第一楽章提示部のリピート部分、そして四楽章の前半がこの演奏の中でもいいところだったかと思います。

…この演奏がこの一週間のリハーサルの成果で、ベストの演奏ができたのだろう、と感じた上で少しだけ、数はそれなりに聴いてきたおじさんくさいことも書いておきます。
おそらく、演奏後に先生方が若い皆さんに指導されたのはとても基本的なことだったのではないかと推察します。それはなにも「直前に大きく変えるような指示はしない」ということではなく、「基本的なところで聴かせることができると、それだけ演奏効果も高くなる」という基本を外さないように、ということではないかな、と。
もっとお互いを聴けでも待つな、音の立ち上がりに注意して、音程に注意して……などなど、すっごく普通のことの積み重ねこそが、皆さんの演奏をさらにいいものとして聴き手に届けるためのひとつのポイントです。そしてその基本は踏まえた上で、二日目の演奏も、今回の演奏会以降も臆せず積極的な、聴き手に届く演奏をしていただければと思います。会場が変わって、短い時間でお互いの音を聴くことから二日目の演奏を作り上げる中で、きっとまた多くのことを学ばれるのでしょう。各位の健闘に期待します。
…こういうことを申し上げれば「そこなアマチュア風情が」という気持ちも湧くことだろうとは思いますけれど、「皆さんが演奏を人前でされるということは誰かに届き、その誰かがそれぞれにいろいろなことを感じた、ということなのです」と、バーンスタインに倣って禅問答のようなことを申し上げて煙に巻くといたします。

****************

さて、最後に高関さんの指揮について書きます。久しぶりに拝見したその指揮は、若者たちを確実に導くというミッションあってのこともあってか、迷いようもないほどに明晰なもの。かくあれ、というヴィジョンが明確に示されるその指揮ぶりはドビュッシーでもマーラーでも徹底されていて、その指揮あればこそのこの日の演奏でした。
ドビュッシーで特に印象的だったのはそのテンポ設定(とその指示)の鮮やかさです。第二楽章の緩急、第三楽章の起伏はこの音楽をより大きいものにしてくれたと感じます。
マーラーではその明晰さがより活きていました。なにより、この長い作品で今自分がどこにいるのか、どこに向かうのか、迷わせることがないのは本当にありがたいことなのです、演奏する若者たちにとっても、私たち聴衆にとっても。両端楽章での造形感の強い指揮からは、モティーフをより明確に、フレーズの方向をはっきりと描こうという意志が伝わりました。もうちょっとソリッドに響きがまとまればより多くの情報が伝わるはず、そんな隔靴掻痒が残ったことは少々残念ですが、それは次の機会を待ちたいと思います。

なお、マーラーの作品で大量に用いられる打楽器については、この日も随所で新鮮な発見がありました(たとえば第一楽章のトライアングル、あそこまで書き分けられていたのかと驚かされました)。「バスドラムとシンバルの組合せ」や、「ティンパニとバスドラムの使い分け」など、第六番にはハンマーやシンバル以外にも打楽器の聴きどころ、たくさんあるんですよ。今日聴かれる方はそのあたりも意識してみてください、旋律や構成以外にも仕掛けが本当に多いですからね、マーラー作品。

一週間のリハーサルの成果が、本日の東京芸術劇場の公演でより見事に花開きますよう、ミューザ川崎シンフォニーホールからお祈り申し上げます。

ではこれにて、ごきげんよう。

「題名のない音楽会」司会の五嶋龍が卒業、新司会者は石丸幹二

こんにちは。千葉です。ニュースです。

●「題名のない音楽会」司会の五嶋龍が卒業、新司会者は石丸幹二(Webザ・テレビジョン)

昨日の番組公開収録から一斉にメディアでの報道が始まったこちらの司会者人事は、実はまだ番組の公式サイトには載っていませんし、Twitterでも告知をしていません。基本的に番組でのお知らせで対応する、ということなのでしょう。

現役バリバリのヴァイオリニストとしての活動と、毎週放送されるテレビ番組の司会を両立するのは大丈夫かな、という懸念は誰しもなくはなかったでしょう。彼の場合は日本を拠点としていないわけですから、アメリカとの往還にかかる時間がかかってしまうわけですから。
それでも見聞を広める機会としてこの司会をされていたのだろうと思いますし、演奏家同士のつっこんだお話には興味深いものも多かったように思います(トップレヴェルで活躍されている皆さまが、他の演奏家をよく聴いている事実だけでも、昔吹奏楽をしていた頃の”練習しない勢”に聞かせてやりたかった)。
前任者は吹奏楽出身で最近まで日本を拠点にしていたからできたこと、たとえば吹奏楽やゲーム音楽などの紹介については後退した面があったかも知れません。今回の人選はそのあたりを補うものとして考えられたのかな、と愚考します。クラシック音楽についての石丸幹二さんの素養のほどは存じ上げないのですが、自身楽器の演奏もされるミュージカル俳優というキャリアから考えれば五嶋龍さんとは違う方向でこの番組を作られることになるのでしょう。推測ばっかりですね、正式発表がないから当然ですけど(笑)。

個人的に派ですね、つい先日2500回記念シリーズの公開収録にお邪魔した(もちろん客として、ですよ)ばかりなのでちょっと驚かされるニュースでした。その番組の話はまた別途、ということで。

以上簡単なお知らせでした。ではまた、ごきげんよう。

※追記。3月26日地上波放送分が、五嶋龍司会による最終回です。この番組とは縁の深い東京交響楽団が最後の共演団体として登場します。

2017年3月25日土曜日

3/25「レニングラード 女神が奏でた交響曲」放送(BSフジ)

こんにちは。千葉です。
本日放送の番組なので、録画の用意もお急ぎください!

●レニングラード 女神が奏でた交響曲 BSフジ 17:00~

同志ドミトリエヴィチの愛国的交響曲をめぐるドラマは同志諸兄もご存知のことと思うが、この度テレビ番組で紹介される運びとなった。各位手をつくして視聴されたし。

うーん、イマイチ決まらないので通常モードに戻ります(あっさり)。もっと上坂同志にでも学ぶべきであろう。

ショスタコーヴィチが大祖国戦争のさなかに作曲した交響曲第七番は、ロシア人にとっては疑いようもなく愛国的な作品として親しまれてきました。冷戦下であって共産党に入党したショスタコーヴィチが批判されても、「証言」とかで違った読みが示唆されても揺るがなかったくらいに。「ショスタコーヴィチは反スターリンでも、『レニングラード』交響曲は反スターリンではない」、その切り分けはしなければなりますまい。

その点で参考になる書籍として、ひのまどか「戦火のシンフォニー」や「ガリーナ自伝」がありますが、どちらも正直に申し上げて読むのがつらい。極限状況を丹念に、事実の積み上げで示されることの痛み、相当のものなんです。
一時間のテレビ番組でどこまでのことを伝えてくれるものかはわからないのですが、一人のショスタコーヴィチ愛好者として多くの方にこの番組を見ていただければと思う次第です。願わくは、あの時代を生きたショスタコーヴィチの音楽に興味を持って頂ける人が増えますように…


有名な一楽章の「ボレロの模倣」だけじゃなく、ぜひこの大団円までお聴きいただけるようになりますよう、祈ります(それはやめろ)。

以上ご案内でした。ではまた、ごきげんよう。

※追記。録画された方で、レニングラード包囲戦(Wikipediaにリンクしておきました。日本語版はちょっと…と思われる方は英語ページに移動されるといいのでは)についてご存知でない方は、この世の地獄を見るつもりでご覧ください。いわゆる「押すなよ」ではないし、誇張でもありません。
第二次世界大戦のなかでも最も厳しい状況に置かれた都市のひとつのために、ショスタコーヴィチのこの交響曲が生まれたことが如何に奇跡的なことか、この番組は伝えてくれています。しかしそれは、人間が耐えられる限界ギリギリの世界です…
その出来事を、短い時間ながら隠さず伝えてくれたこの番組、より多くの方がご覧になれますよう、番組サイトから再放送のお願いをしておきました。番組のサイトから簡単に感想や要望を送れますので、よろしければ是非。>番組サイト

なお、やはり下の二冊のうちひのまどかの「戦火のシンフォニー」は引用もされていましたし、「ガリーナ自伝」は当事者によるレニングラード包囲戦の証言が読めます。ぜひ。

4/2「エリアフ・インバル指揮 ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団/スタニスラフ・スクロヴァチェフスキさんをしのんで」放送

こんにちは。千葉です。
放送予定のご案内ですよ。

●クラシック音楽館 4月2日(日) 21:00~(Eテレ)

<ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団 来日公演>

番組の本体は、3月13日に「すみだトリフォニーホール開館20周年記念 すみだ平和祈念コンサート2017《すみだ×ベルリン》」としてすみだトリフォニーホールで開催された、エリアフ・インバル指揮 ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の演奏会です。

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」から 前奏曲とイゾルデの愛の死
マーラー:交響曲第五番 嬰ハ短調

 <スタニスラフ・スクロヴァチェフスキさんをしのんで>

番組の最後に、2月に訃報が届いたマエストロの演奏を。1996年2月3日、NHKホールでの演奏です。…デュトワさん時代の直前から共演しているんだから、もしかするとここのオーケストラと、なんて分岐もあったのかもしれませんねえ…
「読響シンフォニックライブ」は近年の演奏を放送してくれましたが、N響との彼は20年前の演奏(!!)で偲ぶことになります。合掌。

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
管弦楽:NHK交響楽団

ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第二番 Op.72

以上、ご案内でした。ではまた、ごきげんよう。

2017年3月24日金曜日

3/25「出没!アド街ック天国」にミューザ川崎シンフォニーホール登場

こんにちは。千葉です。
先日の東京交響楽団 川崎定期演奏会からすっかりミューザ川崎シンフォニーホールづいている私なのですが、明日はこんな番組にも登場するのだとか、畑違い感ありますがご紹介を。

●出没!アド街ック天国

予告動画を見る限りでは食メインのようですけれど、こういうご案内もありましたので!


ちなみに、明日は「第6回 音楽大学フェスティバル・オーケストラ」、明後日は「ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第125回」と、二つのホール主催公演が開催されます。公演情報は以下のとおり。

●第6回 音楽大学フェスティバル・オーケストラ

2017年3月25日(土) 15:00開演

指揮:高関健
管弦楽:音楽大学フェスティバル・オーケストラ(首都圏9音楽大学+九州2音楽大学選抜オーケストラ)
【参加音楽大学】上野学園大学、国立音楽大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、東京音楽大学、東京藝術大学、東邦音楽大学、桐朋学園大学、武蔵野音楽大学平成音楽大学(熊本)、大分県立芸術文化短期大学(大分)

ドビュッシー:交響詩「海」
マーラー:交響曲第六番 イ短調

※なお、同じプログラムで翌26日に東京芸術劇場でもコンサートが開催されます。詳しくはリンク先にてご確認くださいませ。

●ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団 名曲全集第125回

2017年3月26日(日) 14:00開演

指揮:大友直人
ヴァイオリン:チャン・ユジン(第6回 仙台国際音楽コンクール 優勝)
管弦楽:東京交響楽団

曲目 作曲はすべてジャン・シベリウス

交響詩「フィンランディア」
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
交響曲第七番 ハ長調 Op.105

…で、私は両日伺ってきます。もちろん番組の予習と復習です(嘘ですよ)。

なお、名曲全集に登場するヴァイオリニストのチャン・ユジンのショスタコーヴィチがニューイングランド音楽院のYouTubeチャンネルで配信されてました。ふむふむ…


本題に戻って、番組は土曜日21時からテレビ東京系列での放送です。系列局がない地域でも放送があるようですので、そのあたりは各位番組表でご確認いただけましたら、そしてミューザ川崎シンフォニーホールが気になったらぜひ一度来てみていただきたいと思う、ミューザ川崎シンフォニーホールの野良宣伝部長からのお願いでした(おい)。ではまた、ごきげんよう。

※追記。放送では8位が「音楽のまち・かわさき」で、クラブチッタなどと並べて紹介されました。ヤンソンスが「最愛のホール」と語っていることを示し、ノット&東響の演奏もちょっとだけ流れました(昨年のツアー壮行演奏会のブラームス!)から、明日の公演が気になっている人もいるはず!どうすか名曲全集?(笑)