2017年7月9日日曜日

7/9(10)「ボリショイ・オペラ歌劇『カテリーナ・イズマイロヴァ』/ヨーヨー・ママリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団交響詩『ドン・キホーテ』」放送

こんにちは。千葉です。
お暑い中、水分と塩分の補給にはやっぱりそうめんでしょうかね…(安上がり)

それはさておき、今晩24時からのNHK BS「プレミアムシアター」はショスタコーヴィチですよ!やったあ!(暑くて素が丸出し)

●ボリショイ・オペラ歌劇『カテリーナ・イズマイロヴァ』/ヨーヨー・ママリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団交響詩『ドン・キホーテ』

前半がこれですよ!!


ショスタコーヴィチの初期の集大成で代表作、そして彼の、というよりソヴィエトのアヴァンギャルド時代の終わりの始まり、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」は比較的数多くの録音、映像に恵まれていますけれど、その作品を改作した「カテリーナ・イズマイロヴァ」がきちんと収録されることはそう多くない。日本語字幕付きともなればなおのこと。
それが全国放送されるだけでも十分にありがたいものなのに、上演したのがトゥガン・ソヒエフ指揮ボリショイオペラときましたよ皆さま。ゆめゆめお見逃しなきよう、おすすめ奉る次第にございます。2016年11月の上演です。

後半にはマリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団の演奏会から、ヨーヨー・マを迎えての「ドン・キホーテ」も放送されます。前半の気に障るドラマ(語弊はありますがこう言うしかない、と思うんですよ)との好対照、お楽しみあれ。

なおですね、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の原作となったレスコフの小説はかつて入手困難でしたけれど、いまは青空文庫でも読めます。そう長くはないけれど実に重たい物語、ぜひ小説でもお楽しみくださいませ。サービスによってはレスコフ名義ではなく訳者の「神西清」で括られているものもありますので、そこはご注意のほど。

ではご案内はこのあたりで(暑さで参ってきました)、ではまた。

7/9「N響 第1861回 定期公演」放送

こんにちは。千葉です。
9日の21時からのクラシック音楽館はN響アワーです(日に日に通じなくなっていくネタを愛好するタイプの人←すみません)。大好きな交響曲が演奏された日の公演ですよ!(嗜好丸出し)

●<N響 第1861回 定期公演>

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
管弦楽:NHK交響楽団

グリンカ:幻想曲「カマリンスカヤ」
ボロディン:交響曲第二番 ロ短調
チャイコフスキー:交響曲第四番 ヘ短調 Op.36

「大好きな」まで言っておいてチャイコフスキーだったら拍子抜けですがご安心ください、チャイコフスキーも好きです!(オチてないよ)大学に入って時間ができて(おい)、吹奏楽一本槍から脱却してオーケストラ音楽を聴くようになった最初期にはチャイコフスキーが多かったもんですよ(なお、その時の自分なりのガイドラインは「音楽の教科書で見た曲をちゃんと聴いておこう」でした)。
でもこの日のプログラムなら、中プロのボロディンでしょうよええ、ええ。個人的にも思い出のあるこの作品、フェドセーエフが演奏してくれるのは本当に嬉しいことでした。SNSで拝見した限りでは、この作品の一般的なイメージとはちょっと違うアプローチなのかな?と感じましたが実際の演奏や如何。楽しみです。

なお、どんな曲か知らないなあ、という方はボロディンの別の曲を聴いて、こんな曲かなと感じていただければ大体あってます(笑)。たとえば、これは近いですよね。


チューリヒでフェドセーエフが指揮した「イーゴリ公」、この舞台は全曲見られないのかな…などというぼんやりとした願望はさておいて、この日放送される演奏会は2017年5月19日、NHKホールでのものです。

N響とウラディーミル・フェドセーエフの他作品によるコンサートは、現在公式サイトでミューザ川崎シンフォニーホールでのコンサートがご覧いただけますよ。7月末までの配信ですので、ぜひ。

そしてコンサートプラスでは先週に続いてハオチェン・チャンのピアノが放送されます。前回はモダンな作品が並んでいたけれど、今回はシューマンですよ。

ということでご案内はおしまい。ではまた、ごきげんよう。

2017年7月2日日曜日

7/2「N響 第1860回 定期公演」放送

こんにちは。千葉です。
今日は都民の皆様は夜遅くまでいろいろと気になることもおありでしょうけれど、それ以外の皆さまは、Eテレで21時からのクラシック音楽館をお楽しみください(押し付けがましい)。

●<N響 第1860回 定期公演>

指揮:ピンカス・スタインバーグ
管弦楽:NHK交響楽団

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」

モルダウと呼ぶかヴルタヴァと呼ぶかで世代がわかってしまうらしい(教科書の表記が変わった、と聞きました←こう書くことで旧世代バレしてしまううっかりさん)第二曲がこの上なく有名な連作交響詩が第1860回定期のプログラムです。第二曲だけを知っていて、愛好される方にも、もしかすると少々辟易してしまっている方にもぜひ全曲を聴いてみていただきたいと思う私であります。冒頭のハープから第六曲の大団円までの起伏の中に位置づけられる「あの名曲」、という聴き方ができるとまた受け取り方も変わったり変わらなかったりしちゃったりなんかしちゃったりしますので(もう広川太一郎さんネタは通じないだろう←ここでも世代バレ)。
指揮はピンカス・スタインバーグ、1945年生まれの彼はもはや大ヴェテランと言っていいでしょう。さて彼の「わが祖国」は如何、N響の演奏は如何。5月13日の演奏会を収録したものです。

音楽の教科書から消えたりしていないだろうし、合唱で歌わされたりもする名曲をわざわざ紹介するのもなんですけれど、ひとついい動画を見つけましたので如何ですか、クシシュトフ・ウルバンスキ指揮オランダ放送響の演奏。



全六曲でもCD一枚に収まる長さですから、この番組にはおまけがあります。若きピアニスト、ハオチェン・チャンが6月の来日公演でも取り上げた作品三曲を、ツアー前に収録したものだとか。辻井伸行と同時優勝したヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールからもう8年ですか…

ちょっと考えてしまったところでご案内はおしまい。ではまた、ごきげんよう。